車査定 傷の修理

車の傷は査定前に修理しておいたほうがいい?

車のボディーに傷や凹みがあると査定額は下がってしまいます。

そこで修理してから査定に出すことを考えてしまいますが、これはやらない方が得策。

修理工場に出してキレイにしてもらったとしても、その修理代以上に査定額がアップすることはまずありません。修理するだけ損をします。

それならとホームセンターなどで売っている修理用具を使って、自分でなんとしていまおうと考える人もいます。でもこれもオススメ出来ません。

やはり素人ですからプロのように綺麗に傷を修理するのは不可能なんですね。あれこれいじくり回した結果、変なムラが出来てしまったりして余計にひどい状態になるのがオチ。そうなると査定額はもっと低くなることもあります。

車の傷は修理せずに、そのまま買い取ってもらうのがセオリーです。

査定額は多少下がってしまいますが、これは仕方のないこと。小さな傷などならそれほど大きな影響は出ません。

買取業者は修理工場を持っていたり提携したいたりするから、買い取った車は意外と安く修理することが出来ます。だから傷や凹みでそう極端に査定額を下げられたりはしません。

下手に自分で修理しようとして被害を拡大するようなことのないよう注意しましょう。



特集記事:
きれいに洗ったら査定はアップする?洗車と査定額の関係
車の傷は査定前に修理しておいたほうがいい?
車検を通してから車を買い取ってもらったほうが得?

査定額アップのコツを経験者に聞く:
車の売却で損しないコツはこうして売ること!
愛着のある車を高値で買い取ってもらうには
あなたの愛車を高く売るポイント
清潔感が一番

カテゴリー:
今の車を選んだ理由